とりあえず走りだしますか

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅する自転車の本

<<   作成日時 : 2012/08/01 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
ルネ・エルスの特集です。
他にも往年の名車が出ております。
やっぱ良いなあと思う反面、ちょいと物足りなさも。

あちらこちらで似た本が出ていまね。
誌面もやっぱり似てきます。

往年の名車達も勿論見たいけど
そろそろもすこし違った切り口はないかな。

せっかく、丸石、新家の老舗が頑張ってるし
あさひやイオンも味のあるのを出しているのだから
現代のマスプロランドナー特集とかどうでしょう。

間口は広くしたいですよね。






本も高いし、ね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
現代マスプロ特集いいですね!
広告的にでは無くて実際の楽しみ方として特集してほしいです、実際にこれからランドナーを買おうかな?と雑誌を見た方に往年の名車よりも普通に手に入るモノが解り安く載っている方が良いと思います。

そう言えば、あさひのラトゥールが女性版のミキストを出してますね、所謂ママサイクルですがラトゥール企画担当の方ってきっと会社で企画通す時に苦労するんだろうな〜って感心しました。
え?サボって身に行っちゃいました(笑
jam
2012/08/02 13:16
jamさん、こんばんは。
昔は夏が近くなるとサイスポでその手を集めての実走特集などがありましたがすっかり見なくなりました。

あさひのラトゥール、なかなかカッコ良いですね。
これもですがイオンのスポルティーフなども良く企画販売通したなあと思います。
Sc1
2012/08/02 20:45
シルキャンさん、こんにちわ。
まさに、私が特集して頂きたい内容です!
現代のマスプロ車と当時のマスプロ車の比較の特集とかだったら、高いけど買ってしまうと思います。

自分が初心者ですからね、まだまだ今回の内容を理解出来るところまではきていません。
タカベー
2012/08/03 10:30
タカベーさん、こんばんは。
いや、自分の趣味で最高級より少し下の普及品が好き。完成された物ではなくて発展していく物が好きなもんで。今の時代の入門ツーリング車は興味があるんです。

当時のマスプロ車と現代のマスプロ車ですか。
BS ユーラシアやミヤタ ルマンなど見ると当時の技術者の気の入れ様を感じます。
SC15R
2012/08/03 20:21
その通りだと思います。
ランドナーをマイナーな車種にしてしまっているのは
超ぉ〜偏屈な爺さんサイクリスト達(敬意を表して敢えてこう呼びます)
の存在の影響が大きいと見ています。^^
そのくせ、それらの人々は得てして自転車に乗らず、旅をするでもなく
床の間の肥やしにしては、たまにチョロっと転がすだけ・・・
若い人達が憧れるには程遠い生態であるのが現状では無いでしょうか。
いい歳をした、社会的にも立派な方々に、なにも 野宿を勧めるツモリはありませんが
そうした方々が青春時代に、どこにでもあったマスプロランドナーで
見様見真似で積極的に冒険ツーリングに出ていた頃の、純粋な気持ちを
どうか思い出して、その素晴らしさとツーリングの機微を 是非とも
披瀝して欲しいものだと思う今日この頃です。
齋藤電鉄ryu
2012/08/05 09:07
齋藤電鉄ryuさん、こんばんは。

そうですね。ラ系雑誌は自転車紹介記事は多いですけれど実走記事が少ないかなあと思います。

昔は、春に廉価版ツーリング車の特集があって夏にキャンピング車の特集があって、編集部でランドナーを組んでみるとか編集部員の実走記事とか読者投稿旅行記とか、当時の若者は旅心を刺激されました。

当時の若者としては今は耳の痛い話です。
SC15R
2012/08/05 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅する自転車の本 とりあえず走りだしますか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる