とりあえず走りだしますか

アクセスカウンタ

zoom RSS CPU

<<   作成日時 : 2011/02/13 23:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨日長男が作った雪ダルマは今朝には少し痩せてました。


さて、これを書いている我が家のPCの主力機2005年の機材です。
まだしばらく働いて貰う為にささやかなパワーアップ。

画像
最近中古で手に入れた Pentium4 560J、今ついているのよりましなので交換しました。

画像
埃がたまったヒートシンク。

画像
ついでに埃を落とします。私はここに埃がたまってパフォーマンス低下、熱暴走が過去に2度ほどありました。

画像
こちらは外したCPU Celeron D 340Jです。クロックだけなら2.93GHzから3.6GHzですから少しは早くなるでしょう。でも最近のCPUはみんな同じ形をしてますねえ。

画像
PentiumVも同じと言えば同じです。















画像
手元に残っているコレクションです。 intel i486 DX2

画像
9821noteに使ってあった、i486 SX

画像
overDRIVEとあるのは486のDX4ですね。確かPC9821用サードパーティ品でした。

画像
そしてソケット7 セラミックパッケージのPentiumです。ただ四角い実用本位のパッケージですね。

画像
でも90MHz動作の一部のPentiumにはこんなかっこいいパッケージもあったんです。
ゴールドのプレートがかっこいいです。

画像
そして200MHzのPentium頃にはこんなパッケージになりました。

画像
MMX Pentiumも同じパッケージでした。

画像
Intel以外のソケット7 Cyrix 6X86 これもゴールドのかっこいいプレートがついてます。

画像
同じくCyrix MU 黒いプレートに白字がステキ。

画像
AMD のK6-2です。このCPUは良かったなあ、同じクロックならPentiumに負けなかったし、k6-Vやk6-2+なら初期のCeleronに十分対抗してました。
ソケット7はずいぶん弄ったけれど、最後はk6-2+をオーバークロックで450MHzで使ってました。
でも自作機はここまででしたね。ソケット7は手を加えた分変化がわかりやすくて面白かったですね。

最近のパソコンはどれもあまり違いを感じません。
自作もしなくなりました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CPU とりあえず走りだしますか/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる